旬のレシピ

パパイヤ

第2のゴーヤー!?青パパイヤ。
青パパイヤは果物のパパイヤの未熟な状態で、日本の主産地の沖縄では、昔から庭木にしているほどポピュラーな野菜なのです。かつて、沖縄では害虫のウリミバエが猛威を振るい、パパイヤやゴーヤーは本土に出荷できませんでした。1993年のウリミバエの根絶でゴーヤーが先に広まりましたが、今後、青パパイヤも同じ健康野菜として期待されています。たくさんの寿を呼ぶという意味から「万寿果」、「万寿瓜」ともいわれています。
 沖縄では5月~11月頃、熱帯では年中収穫され、本土では15℃以下で育たないため、春に植えて秋に収穫します。約半年で苗から2m以上に成長して、大きな実を沢山付ける姿には、パワーを感じますよ(写真1)。鉢植えでは種から観葉植物としても楽しめます。
調理は、皮をむき塩で揉んで水にさらしてアクを取り、イリチー(炒め煮)、シリシリ(細切り炒め)、千切りサラダ、かき揚げなど、特にお肉と煮込むと大根や冬瓜のような食感で、お肉は柔らかくなります。
栄養はビタミンCが多く、他にβ―カロテン、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維を含みます。タンパク質、糖質、脂肪の分解酵素を含むため消化を助け、ポリフェノールやイソチオシアネートの健康効果も期待されています。特に青パパイヤのタンパク質分解酵素(パパイン)は完熟果の約10倍で、食肉軟化剤や消化促進剤、洗顔剤にも利用されています。
今回の料理は、このたんぱく質分解酵素を利用した柔らかい鶏の唐揚げです。 青パパイヤはネット販売や地元松阪でも栽培されていますので、ぜひ一度、パパッと(いや)がらず、パパイヤ料理にトライしてみませんか~♪

青パパイヤと鶏の唐揚げ 青パパイヤの酵素で鶏肉がとっても柔らかくなる♪

材 料(2人分)
(A) 青パパイヤ 200g (C) 片栗粉 大さじ2
(A) 鶏肉 200g (C) 小麦粉 大さじ2
(B) にんにく,しょうが 各1片 赤パプリカ 1/2個
(B) 醤油,酒 各大さじ2 キャベツ 適量
(B) ごま油 小さじ1 糸唐辛子 適量
1/2個    
 

作り方

1 にんにくとしょうがはすりおろす。パプリカは一口大、キャベツは太めの千切りに。皮をむいて※種を取ったパパイヤは3㎝角に切り、少量の塩(分量外)で揉んで水にさらし水気をふき、すりおろした1こ分のパパイヤと1口大にカットした鶏肉を、混ぜた(B)に15分漬ける※。
2 溶いた卵と(C)をよく混ぜた中に、①のパパイヤと鶏肉を入れて衣をつけ、180℃の油で約3分揚げる。(パパイヤは竹串が通るまで。)
3 ②をキャベツと素揚げしたパプリカとともにお皿に盛り付け、糸唐辛子をトッピングする。

※パパイヤの皮をむくときに出る白い酵素液は、かぶれやすいので念のため手袋を。

※①で長く漬けすぎると、パパイヤの酵素により鶏肉が溶けてしまうので注意。

先頭へ戻る