旬のレシピ

かいわれ大根

2枚貝が開いたように見えることより名前がついた、新芽野菜の代表選手!「貝割れ大根」。
爽やかな辛さが特徴のかいわれ大根は、1960年代に水耕栽培が開発され、大量生産により身近な野菜となりましたが、古くは地植えのものをいただく高級食材でした。今は主に四十日大根や専用品種から作られています。
かいわれ大根は、発芽することによって種に含まれないビタミンCなどの栄養成分が合成され、他にカロテン、ビタミンK、E、葉酸、カルシウムなどを含みます。辛味成分のイソチオシアネートは解毒作用、血栓予防効果が期待され、体内時計を調節や抗酸化作用のあるメラトニンも多く含むことがわかってきました。
選ぶ時は、葉が鮮やかな緑色で、茎は白くはりのあるものを。保存は根元のスポンジを湿らせて、入っていた容器に入れて野菜室に。
かいわれ大根は、サラダ、巻寿司、サンドイッチ、吸い物、など脇役として使われることが多いですが、今回はさっと火を通してカレー風味で沢山いただいてみましょう。加熱してもイソチオシアネート、メラトニンの働きは変わらないといわれています。蒸し炒めして甘くなった大根にカレーの風味がマッチ。かいわれの辛さが苦手なお子様も、加熱することで辛みが抑えられますので大丈夫ですよ。
たまには可愛()われた葉っぱのかいわれ大根をいただきながら、楽しいカイワレ(会話で!?)食事をしてみませんか?
そのときは、かいわれを()()ないように・・・

かいわれ大根☆カ祝レー(かいわれ)大根炒め
・親子共演!

材 料(2人分)
かいわれ大根 2パック 少々
大根 200g 胡椒 少々
(A) シーチキン 1缶( 80g ) オリーブ油 小さじ1
(A) カレー粉 小さじ1/2 トマトケチャップ 適量
(A) コンソメ顆粒 小さじ1/2    
 

作り方

1 大根は皮をむき1cmの角切り、ベーコンは2センチ幅にカット、かいわれ大根は、洗って根を切り落とす。
2 フライパンに油を入れ、ベーコンをカリッと炒め取り出す。次に大根、水100ccを入れ、蓋をして強火で3分加熱したら、Aを加えて大根が透き通るまで炒める。
3 かいわれ大根、②のベーコンを加えサッと火を通し、塩、胡椒で味を調えて器に盛り好みでケチャップを添える。

先頭へ戻る