旬のレシピ(タイトルイラスト)
料理・文・写真/T.Little Kitchen

<プロフィール> 京都女子大(食物)卒。アクティブ野菜ソムリエ。調味料ジュニアマイスター。全国料理学校協会教員資格を所持。料理講師、レシピ開発、講演、イベントなどで野菜・果物の魅力を伝えている。
TBS「はなまるマーケット」の“岡江・薬丸絶賛レシピ”に選ばれたり、数々の料理コンテストで入賞経験有。
三重県在住。2児の母。
「T.Little Kitchen」

サニーレタス

 太陽をサンサンと浴びたような紅紫色をしたサニーレタス。これは、サニーレタスが自ら紫外線の害を防ぐために作った色で、人間にも抗酸化物質として働きます。

 「サニーレタス」は、結球しない葉レタスの中で、特に葉先が紅紫色で縮れたレタスにつけられた日本での商品名で、日本では1980年頃から普及しました。一般にレタスと呼ばれる玉レタスは淡黄色野菜ですが、サニーレタスは、カロテンの量が玉レタスの約10倍と多いため緑黄色野菜なのです。他に、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンB群、ビタミンK、葉酸、鉄分、食物繊維とバランス良く含むため、疲労回復、造血、骨を丈夫にするなどの効果が期待されます。

 選ぶ時は、全体に張りがあり葉の色が鮮やかで、切り口が変色していないものを。

 保存は、まるごとの場合は、ビニール袋に入れ空気を含ませて封をし、野菜室に。使いかけは、手でちぎって洗ってから濡らしたキッチンペーパーを敷いた容器で冷蔵保存します。包丁で切らずに手でちぎると切り口の酸化を防ぎ、ドレッシングも絡みやすくなります。

 サニーレタスは柔らかく生食向きで、サラダや焼き肉、肉そぼろを包んだりします。また、料理のしきものや付け合せ、お弁当の彩りにもよく登場しますが、残念ながら残されてしまうことも・・・。ということで、たまにはサニーレタスを主役にしたサラダでたっぷりいただてみませんか?

 今回ご紹介する料理は、冷たいフワフワのサニーレタスに、熱々のカリカリしらすとサクサクの揚げ春雨がアクセントになって、冷、温、フワッ、カリッ、サクサク!と色々な食感を楽しみながらいただける簡単サラダです。

 このサニーレタスサラダ、きっと朝食メニューに加えたくなりますよ。だって,「サニーレタスは、()()レタス!」っていうでしょう・・・(^^;)

フワフワ&カリカリ&サクサクの食感が楽しい♪
  サニーレタスがたっぷり食べられる☆骨強化レシピ
サニーレタスと揚げシラス&春雨の温冷サラダ
料理の写真
(材料2人分)
  • サニーレタス・・・・・・・・・・・100g
  • シラス(上乾き)・・・・・・・・・20g
  • 緑豆春雨・・・・・・・・・・・・・・5g
  • パプリカ(赤)・・・・・・・・・・・1/4こ
  • ゴマ油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • ポン酢・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • きれいな揚げ油・・・・・・・・適量

◇◆ 作り方 ◆◇

  • サニーレタスは一口大に手でちぎり、冷水につけパリッとしたら水気をふいて冷蔵庫で冷やす。
  • 緑豆春雨はビニール袋の中で2pにキッチンバサミでカットし、乾燥したまま170℃の油で白く膨らむように揚げる。パプリカは5mm角に切る。
  • フライパンにゴマ油とシラスを入れ、弱火でカリッと炒めたら、次にパプリカを加えてさっと炒める。 
  • 器にサニーレタスと春雨を盛りポン酢をかけ、いただく直前にアツアツのBを回し入れる。