旬のレシピ(タイトルイラスト)
料理・文・写真/T.Little Kitchen

<プロフィール> 京都女子大(食物)卒。アクティブ野菜ソムリエ。調味料ジュニアマイスター。全国料理学校協会教員資格を所持。料理講師、レシピ開発、講演、イベントなどで野菜・果物の魅力を伝えている。
TBS「はなまるマーケット」の“岡江・薬丸絶賛レシピ”に選ばれたり、数々の料理コンテストで入賞経験有。
三重県在住。2児の母。
「T.Little Kitchen」

冬キャベツ

  キャベツでガン予防!? 1990年にアメリカ国立がん研究所が、ガン予防効果の高い食品40種を効果の高い順にピラミッド形で表した「デザイナーフーズ・ピラミッド」を発表しましたが、キャベツはにんにくと並びトップクラスに位置しています。

 キャベツは、古代ギリシャ、ローマ時代から栽培されている野菜の一つで、青汁の材料であるケールが原種です。日本には江戸時代に観賞用として伝わり、明治時代から食用としての結球性キャベツが栽培されるようになりました。1年中出回るキャベツですが、固く結球して水分が少なく11月〜3月に出回るのが冬キャベツで、主産地は愛知県です。

 キャベツの特徴的成分のビタミンUは、別名「キャベジン」といい、胃腸の粘膜を正常に保つ働きがあるため、この成分から胃腸薬も作られています。また、アブラナ科に共通する辛み成分のイソチオシアネートには、消化促進、食欲増進、血栓予防の効果が期待されています。淡黄色野菜としてはビタミンC、止血や骨の健康に必要なビタミンK、カルシウムなどトップクラスのビタミン、ミネラルを含みます。特に芯の周りはビタミンCが多く甘みも強いので、捨てずに上手く利用しましょう。

 選ぶ時は、葉にツヤと張りがあり、巻きがしっかりしていてずしりと重く、芯の切り口は変色やひび割れがなく、500円玉程度のものを。保存は、芯をくりぬいて水を含ませたキッチンペーパーをつめてビニール袋に入れ、カットしたものはラップに包んで野菜室に。

 キャベツは炒め物、煮込み、生でサラダにと万能野菜ですが 、今月の料理はキャベツが主役!大きくカットして蒸し焼きすることでキャべツの甘みがアップし、水に溶けだしやすいビタミンCの流失も防ぎます。まずは、キャベツに塩を振りかけてキャベツの甘みをじっくり堪能。次にトマトソースをからめて酸味と旨味をコラボさせて・・・と、2種類の味が楽しめます。

 今回は洋風ですが、中華風に、蒸し焼きしたキャベツにゴマ油大さじ1と塩小さじ1を混ぜたものをかけシンプルにいただくのも、甘みがぐっと引き立ち美味しいですよ♪

 そこで、生のキャベツとの甘さの違いに、きっとこう叫ぶでしょう。「キャ〜(ベツ)の野菜みたい〜♥」

キャベツが主役♪
蒸し焼きキャベツの鶏トマトソース
料理の写真
* 材料 (4人分) *
  • キャベツ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2こ
  • 鶏ももひき肉・・・・・・・・・・・・・200g
  • 玉ねぎ(みじん切り)・・・・・・・1こ
  • にんにく(みじん切り)・・・・・・1片
  • (A)(無塩トマトジュース400cc、白ワイン大さじ2、トマトケチャップ大さじ4、コンソメ2こ)
  • 塩、胡椒各少々、オリーブ油小さじ3、茹で卵2こ、パセリ(みじん切り)適量

◇◆ 作り方 ◆◇

  • キャベツは裏側から芯をつけて、くし型に4等分にカットし、水で洗って水分を切っておく。茹で卵はスライスする。
  • 鍋に油小さじ2とにんにくを入れ熱したら玉ねぎを十分に炒め、ひき肉を入れさらに炒める。次に(A)を入れてかき混ぜながら少しとろみがつくまで煮込み、最後に塩、胡椒で味を整える。
  • フライパンに油小さじ1を薄く引きキャベツをのせ蓋をして強火にする。片面に焼き色がついたら裏返して水50ccを加え、蓋をして中火で約5分蒸し焼きにする。
  • お皿に②を敷き、キャベツをのせパセリと塩少々振りかけて卵を添え、熱々をフォークとナイフでいただく。