旬のレシピ(タイトルイラスト)
料理・文・写真/T.Little Kitchen

<プロフィール> 京都女子大(食物)卒。アクティブ野菜ソムリエ。調味料ジュニアマイスター。全国料理学校協会教員資格を所持。料理講師、レシピ開発、講演、イベントなどで野菜・果物の魅力を伝えている。
TBS「はなまるマーケット」の“岡江・薬丸絶賛レシピ”に選ばれたり、数々の料理コンテストで入賞経験有。
三重県在住。2児の母。
「T.Little Kitchen」

バナナ バナナイラスト

 バナナが光る!? え〜そんなバナナ!
 実は本当の話。暗闇で熟したバナナにブラックライト(紫外線)をあてると、特にシュガースポット(茶色い斑点)の周りがよく光ります。これは熟す過程でクロロフィルが分解して蛍光物質ができるためです。果物を主食にする動物は、この光で食べ頃を見分けているとか。シュガースポットが出る頃が完熟で、バナナの甘みは最高になり、免疫活性作用も強くなります。

 バナナは多種類の糖質を含み時間差で吸収されるため、エネルギーを効率よく長く供給できるので、朝食や子供のおやつ、スポーツに最適です。食物繊維も多く、腸内を刺激し排便を促したり、オリゴ糖が腸内細菌の環境も整えます。また、塩分を排出する作用があるカリウムを多く含むため、高血圧予防が期待されます。他にもビタミンB群や精神を安定させるセロトニン、抗酸化物質のポリフェノールなどを含んでいます。

 選ぶ時は、ヘタや実に傷みがないものを。保存は、適温が15℃で冷蔵庫で長期保存すると追熟が進まないうえ低温障害で皮が黒くなってしまうため、完熟するまで常温保存します。シュガースポットが出たら、追熟しないように1本ずつビニールで包み、冷蔵庫に入れると長持ちします。また、皮をむいて割り箸を刺してラップで包んで冷凍したり、カットしてレモン汁を振りかけて冷凍すると、アイスキャンデ―やジュースの材料として楽しめます。

 いただく時は、2時間位前に冷蔵庫に入れて、ひんやり冷たいバナナにするのも美味しいですよ。また、バナナは南国の果物で体を冷やす作用があるため、冬はバターでソテーするなど加熱するとその作用が抑えられるのでお勧めです。
 今回の料理は、皮のまま真っ黒に焼いたバナナをフランス語で「白い食べ物」という意味の「ブラマンジェ」の生地に添えて、パリッと焼いた春巻きの皮に熱々のままサンドしました。バナナは30〜60℃で加熱すると酵素の働きで甘さが増すので、ノンシュガーです。

 この時期、受験生は大変ですね。ちなみに皮付バナナの断面は5角(ごーかく)形って知っていましたか?脳に必要なブドウ糖やセロト二ンを含むバナナを食べれば、合格(ごーかく)まちがいなし!?
 この冬は受験生も、甘さを増した丸焼きHot(ホット)バナナで、心も体もホッとしてみませんか?

丸焼きバナナの甘さにビックリ!
HOT☆英国風ブラマンジェ☆ 真っ黒丸焼きバナナ入り
                    〜ミルフィーユ仕立て〜
料理の写真
* 材料 (4人分) *
  • 完熟バナナ
    (シュガースポットの出たもの)4本
  • バター・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
  • コーンスターチ・・・・・・・・・・大さじ4
  • アーモンドエッセンス
    (なければバニラエッセンス)適量
  • 春巻きの皮・・・・・・・・・・・・・4枚
  • チョコレートソース(市販品)適量
  • 粉砂糖・・・・・・・・・・適量(好みで)
  • ミントの葉・・・・・・・・・・・・・・4枚

◇◆ 作り方 ◆◇

  • 春巻きの皮を7〜8cm角にカットして、温めたオーブントースターで焦げないように注意しながら、きつね色になるまで焼く。
  • バナナ3本を皮のままオーブントースターで約20分皮が黒くなるまで焼く。熱いうちに実をスプーンですくって器に入れて、バターと混ぜ合わせる。
  • 鍋にコーンスターチと牛乳を入れよく混ぜ合わせ、火をつけて木べらでかき混ぜる。とろみがついたらさらに弱火で3分よく混ぜて、最後にアーモンドエッセンスを振り入れる。
  • お皿にチョコレートソースを描き入れ、①、③、②の順番に重ね、最後に粉砂糖を振り、カットしたバナナとミントの葉を飾りでき上がり。

  • (ポイント)
  • ※固くなるので温かい状態で召し上がって下さい。
  • ※丸焼き黒バナナにバター&シナモンをトッピングするだけでも、トローリ甘くて美味しいですよ。
  • ※冷製バナナブラマンジェは、③でコーンスターチを半量にして砂糖大さじ1を加え、グラスに③、②、③の順に入れて冷やす。 ※残った春巻きの皮は、焼いて細かくしたものをサラダのトッピングに。