旬のレシピ(タイトルイラスト)
料理・文・写真/T.Little Kitchen

<プロフィール> 京都女子大(食物)卒。アクティブ野菜ソムリエ。調味料ジュニアマイスター。全国料理学校協会教員資格を所持。料理講師、レシピ開発、講演、イベントなどで野菜・果物の魅力を伝えている。
TBS「はなまるマーケット」の“岡江・薬丸絶賛レシピ”に選ばれたり、数々の料理コンテストで入賞経験有。
三重県在住。2児の母。
「T.Little Kitchen」

エリンギ エリンギイラスト

 エリンギは、陸の”きのこ界”の中で唯一海の”きのこ貝”?  それというのも、エリンギは切り方により食感が貝柱や高級食材のアワビにそっくり?なのです。  その食感の良さ、日持ちの良さ、くせのなさで和・洋・中どんな料理にも合うことから人気のあるエリンギですが、もともとはヨーロッパ原産で、現地では昔からフランス料理やイタリア料理によく使われていました。しかし、日本では1990年代になって入ってきた、新顔のきのこなのです。

 エリンギはセリ科のエリンジウムという植物の根に寄生しますが、この植物は日本には自生しないため、おが屑等をびんに入れ菌を植え付け(菌床栽培)人工栽培で育てられています。エリンギという名前はその寄生するエリンジウムが由来です。

 食物繊維が多いエリンギは、コレステロールの吸収を抑えたり、便秘の予防・改善に効果的です。また、カリウムが高血圧の1つの原因となるナトリウムの排出を促したり、抗がん作用を持つβーグルカンを含みカロリーも低いので、とてもヘルシーな食材です。

 購入する時は、茎が白く太くてしっかりし、傘は開きすぎずに薄茶色で、裏側はひだが白くくっきりしているものを選びます。保存は、水分を拭き取りビニール袋に入れて冷蔵庫に。早い目に使いましょう。

 今回の料理は、普段は繊維に沿って縦に切ったり裂いたりして使うことの多いエリンギを、繊維と垂直に輪切りにしてみました。また、エリンギを主役にするため、脇役の他の具はミンチ肉と青ねぎのみ。とろみをつけてあるので、ほどよくお肉とスープが絡みツルッといただけます。

 かわいいエリンギの丸い形とアワビのような食感を、楽しみながらいただいてみて下さいね。  いつもと違った切り方の丸いエリンギを見て「これは何〜?」と驚きの声が上がるかも!?

まるっと可愛い エリンギのミニあわび風カレースープ
料理の写真
* 材料 (4人分) *
  • エリンギ・・・・・・・・・100g
  • 豚ミンチ・・・・・・・・・100g
  • 水・・・・・・・・・600cc
  • コンソメ・・・・・・・・・2こ
  • カレー粉・・・・・・・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水大さじ1)
  • 青ねぎ・・・・・・・・・2本
  • サラダ油・・・・・・・・・小さじ1

◇◆ 作り方 ◆◇

  • エリンギは1cmの輪切り、青ねぎは5mmの小口切りにする。
  • 熱したお鍋に油をひき、豚ミンチをいためる。
  • 2のお鍋に水を入れ、沸騰したらコンソメ、エリンギ、カレー粉を入れる。
  • あくを取りながら中火で約3分煮て1度火を止め、かき混ぜながら水溶き片栗粉を入れ、再び火をつけ中火で約3分煮る。
  • 青ねぎを散らして出来上がり。