乳がんの手術


 今まで、乳がんの診断について詳しく述べて来ましたが、いよいよ治療の話に入ります。読者の皆さんにとっては、最も関心の高い事項と思います。

 手術の方法は、腫瘍部のみを切除して乳房を残す「乳房温存術」と、乳房を全て切り取ってしまう「乳房切除術」に大別されます。女性にとって乳房を切除されることは、美容的にはもとより精神的にも大きな衝撃となりますので、なるべく乳房を切除せずに手術したいところですが、どちらの手術が選択されるかは乳がんの進展度により決定されます。乳がんが早期であれば乳房を温存することができますが、進行しておれば切除せざるを得なくなります。乳房を温存し手術跡も残さず完全に治すためにも、早期発見が大切なのです。乳がんの進行度は、腫瘤の大きさとリンパ節転移の有無により決められます。これを病期(あるいはステージ)と呼んでいますが、次のように分類されています。
病期 腫瘤 わきの下のリンパ節転移
しこりを触れない なし
I 2cmまで なし
IIA 2cmまで
2-5cm
あり
なし
IIB 2-5cm
5cm以上
あり
なし
III 「局所進行乳がん」と呼ばれ、かなり進行した乳がん。しこりが胸壁に固定されている、皮膚にただれがある、胸骨内側のリンパ節にも転移がある、などの症状によりA、B、Cに分けられる。
IV 他の臓器(骨、肺、肝臓、脳など)に転移がある。手術による根治的治療は困難となり、抗癌剤や放射線治療などが行われる。
 
0期ではしこりを触れませんので、診断はマンモグラフィやエコーが頼りになります。0期、T期を早期乳がんと呼び、この時期ですと乳房温存術が適応になります。この場合、再発の危険性を減らすために術後放射線照射が行われます。さらに進行し腫瘤が3cm以上となりますと一般に乳房切除術が行われますが、リンパ節転移がある場合には腋(わき)や鎖骨下のリンパ節を切除しますので、手術後に腕が腫れることがあります。また昔は胸の筋肉も同時に切除しましたので、胸壁が平たくなって肋骨が浮き出し、女性にとってとても辛い姿になりました。最近の乳房切除術では、胸の筋肉は切除せずにリンパ節だけ取り除く胸筋温存乳房切除術が多く行われていますので、そのような辛い思いをされる方は少なくなっています。現在日本では、乳房温存術が40-50%、胸筋温存乳房切除術が50%ぐらいの割りで行われていますが、マンモグラフィなどによる乳がん検診が普及するにつれて早期がんが多く見つかり、乳房温存術がさらに増えるものと期待されています。

 手術成績は、通常のがんでは5年生存率(手術後10年経過して生存している人の割合)で示しますが、乳がんの場合5年以上経っても再発することがあるので、10年生存率で表します。おおよその成績は、0期100%、T期90%前後、U期70-80%、V期50%前後、W期20%以下となり、病期が進むほど悪くなります。手術成績からお分かりいただけますように、乳がんの大きさが2cm以下でわきの下のリンパ節が腫れていない時期に発見して治療することが大切です。乳がんを完全に治せるだけでなく、乳房も温存され、しかも費用は安くて済む、良いことずくめなのです。そのためには自己検診の励行と、マンモグラフィなどによる精度の高い乳がん健診を定期的に受けられることを改めてお奨めします。

三重乳がん検診ネットワーク代表
三重大学医学部放射線科     竹田 寛