マンモトーム生検って何?


 今まで、乳がんの診断にはマンモグラフィ、エコー、MRIなどの画像診断が欠かせないことを述べて来ました。確かにこれらの画像診断法がなければ、乳がんの発見率は著しく低下しますし、たとえ自分で‘しこり’を見つけても、それが悪性のがんか良性の腫瘍かを判別することができませんので、手術をすることもできなくなります。
 現代医学において画像診断法は、あらゆる疾患に対して病変の性質を判定し治療方針を決定する上で欠かすことのできない存在になっています。ところがこのような最新の画像診断法を用いても、なかなか診断のつかないことがよくあります。悪性か良性かの判別ができないのです。実際のところマンモグラフィやエコーあるいはMRI画像を見て単純明快に乳がんであると言い切れることは少なく、また逆に明らかに良性であると断定できることも少ないのです。多くの場合は、その中間のグレーゾーンで悪性か良性かの鑑別に悩み続けながら、最後に「えーい!」と、まるで清水の舞台から飛び降りるような気持で苦し紛れに決断をする、そんな場合も決して稀ではありません。 驚かれるかも知れませんが、それも事実なのです。様々な画像診断方法が開発され、コンピュータによる画像解析も日進月歩の勢いですが、それでも画像診断は難しいのです。そこに画像診断学の奥深さがあるとも云えます。

 このように画像診断だけでは良悪の鑑別が困難な場合には、何時までも画像を眺めていても埒(らち)が明きませんので、少し荒っぽくなりますが、病変部から直接細胞を取り出して、がんかどうかを判定する方法がとられます。これを「生検」と呼んでいます。従来、乳がんの生検には、メスで乳房を切開して病変部から組織片を取り出す外科的生検が行われていました。しかし、この方法では乳房を切開しなければなりませんし、傷跡も残ります。さらに生検の結果‘がん’ではないということになれば傷跡だけ残ることになり、女性にとってはとても悲惨な結末となります。そこで、この乳がんの生検をもっと簡単に行うために開発されたのがマンモトームなのです。マンモトーム生検では、マンモグラフィやエコーを用いてがんの疑われる部位の見当をつけ、径4mmほどの細い針を刺して病変部まで押し進めて細胞を吸引します。切開の必要がないため局所麻酔でできますし、縫合も不要で傷跡は残りません。外来で行えることも患者さんにとっては嬉しいことです。以前に、しこりの触れない早期乳がん(非触知乳がん)を見つけると、乳房を切除しなくても治療できる(乳房温存手術)し、手術成績も良いことをお話しました。そのような早期がんでは、マンモグラフィで微細な石灰化がみつかります。その石灰化をターゲットとしてマンモトーム生検をすることにより、早期がんの診断率が向上しています。日本ではここ10年ぐらいの間に急速にマンモトーム生検が広まり、現在全国で150ほどの施設において行われています。県内でも大学病院をはじめ数施設で実施されています。

 このように画像診断にて診断の難しい場合にマンモトーム生検が行われますが、その結果80%は良性であるとも云われています。それでも悪性が疑わしい、あるいは良性と断定できない場合には、やらねばなりません。‘疑わしきは罰する’我々診断医にとって、何事も中途半端にしないことが大切です。はっきり良性か悪性かを決めること、どちらともつかずにされて一番困るのは患者さん本人なのですから。

三重乳がん検診ネットワーク代表
三重大学医学部放射線科     竹田 寛