自己検診ノススメ


 前号までの記事にて、乳がんは早期発見、とりわけ2cm以下の大きさで見つけて治療することが大切であるとお話しました。早期発見には、自己検診とマンモグラフィなどによる検診を受けることが大切ですが、今回は自己検診についてお話します。

 とにかく‘がん’は早くみつけなければなりません。乳がんの場合多くは‘しこり’を触れるということが発見の糸口になりますので、常に新しく‘しこり’ができていないか、気をつけている必要があります。‘しこり’ができているのに気がつかなかったり、‘しこり’に気づいていながら放っておいたりすると大変なことになります。

 乳がんの自己検診の方法については、いろんなところで紹介されていますので、ご覧になられた方も多いかと思います。マンモグラフィ検診精度管理中央委員会からはビデオやCDも出されていますので参考にして下さい。自己検診で大切なことは、定期的に正しい方法で行うことです。月に1度は行って下さい。生理前には乳房が張って痛みがあり触るには適しませんが、生理が始まって1週間ぐらい経ちますと乳房が柔らかくなり検診しやすくなります。閉経された方は月1回、日を決めて行うようにすれば良いでしょう。

イラスト自己検診  自己検診は、ていねいに‘見る’ことと、正しい方法で‘触る’ことから成り立ちます。医学において‘見る’ということは、最も大切な診断法の一つです。ていねいに行って下さい。鏡の前に立ち、両手をあげて頭の後で組み、両方の乳房を比較しながら観察します。ひきつれ、くぼみ、乳首のへこみ、皮膚の色の変化、乳輪の変化、湿疹などができていないか、細かく観察します。次に両手を下ろして腰に当て、同じ観察を繰り返します。わずかなくぼみや色の変化はなかなか分かりにくいかも知れませんが、毎月観察を続けることで見つけやすくなります。両方の乳房を交互に比較して、左右対称であるかどうか確かめながら眺めていると、わずかな変化にも気付くことがあります。 次に触り方ですが、お風呂やシャワーの際に、石鹸をつけた指で乳房の表面を静かに触れると、わずかな凹凸に気付くことがあります。ついで3ないし4本の指をそろえて乳房を軽く押さえ、肋骨との間に‘はさむ’ようにして触れます。この時「の」の字を書くようにして指を動かすと、腫瘤を触れやすくなります。乳房だけでなく、鎖骨の下やわきの下まで広く触ることが大切です。わきの下の大きくなったリンパ節から乳がんのみつかることもあるからです。お風呂から出て床に就いたら、あおむけになった状態で再び同じように触ります。このとき、触る方の乳房の背中の後へ、まくらやクッションを入れるようにします。こうして立った時とあおむけの時の2回‘しこり’を探します。

 また乳房や乳首をしぼるようにして乳首から分泌液が出てこないか調べることも大切です。通常、授乳期でない限り乳汁は出ません。特に赤黒い乳汁が出てきた場合には要注意です。直ちに専門医にご相談下さい自己検診は、月1回ていねいに行わなければなりません。毎月休まず続けていた自己検診で、初めて‘しこり’を見つけ病院へ行った場合には、ほとんどが早期乳がんであると言って良いと思います。自己検診は、早期乳がんをみつけるための大切なステップであり、それを正しく行える人は、きちんと自己管理のできる人です。明治時代、福沢諭吉は「学問ノススメ」を著わして教育の重要性を説きましたが、今、日本女性に必要なのは「自己検診ノススメ」なのです。

※乳がんの自己検診法については、次のインターネット・サイトをご参照下さい。

三重乳がん検診ネットワーク代表
三重大学医学部放射線科     竹田 寛