乳がんが増えています


 今、乳がんが急速に増えています。毎年3万5千人がかかり、約1万人の方が亡くなっています。日本人女性が最も多くかかるがんの一つであり、10年後には20人に1人ぐらいの割りでかかると言われています。特に40歳代に多く、壮年期女性のがんによる死亡原因の一位となっています。働き盛りのお母さんやキャリヤウーマンが、突然自覚症状もなく襲われるのです。確かに乳がんは怖い病気で手遅れになると大変ですが、早期に発見し治療すれば、ほぼ完全に治ります。早く見つけることが大切なのです。乳がんを早く見つけるためには、自分で乳房を触り'しこり'を探す自己検診と、乳がん検診を受けることが有効です。自己検診につきましては別の機会にお話することとして、ここでは乳がん検診についてご紹介します。

  「マンモグラフィ」ってご存知ですか? 愛・地球博(※2005年に開催された万国博覧会)で展示されているマンモスの名前ではありません。小さな乳がんを見つけるために優れた性能を有するレントゲン装置です。マンモグラフィを使いますと、従来の乳がん検診に比べ約2倍のがんがみつかります。しかも早期のがんが発見されますので、治療効果が高くなります。最近、厚生労働省も推奨し、マスコミでも盛んに取り上げられていますので、ご存知の方も多いかと思います。30〜40歳を過ぎたら、2年に1度はマンモグラフィによる乳がん検診を受けること、これが大切です。  では何処へ行けば受けられるのでしょうか。装置のある病院へ行けば良いというものではありません。マンモグラフィで乳がんを見つけるということは、実は意外と難しいのです。日本乳がん検診学会では、本当にマンモグラフィを診断したり撮影する能力のある医師や放射線技師の認定を行っています。それにはかなり難しい試験に合格しなければなりません。認定された医師と技師が一緒になり、一定レベル以上の性能を備えた装置を用いて、初めて小さな乳がんがみつかるのです。  三重乳がん検診ネットワークとは、この三者が揃った医療機関の集まりです。県内の40近い医療機関が手を組み、精度の高いマンモグラフィによる乳がん検診を行っています。ホームページ( http://mie-mmgnet.jp )上に、県内の乳がん検診機関や認定医師・放射線技師などを公開し、乳がんの相談にも応じています。是非ご覧下さい。 さらに三重県やマンモグラフィによる乳がん検診の普及活動を全国的に展開しているNPO法人「乳房健康研究会」 ともスクラムを組んで、三重県の乳がん検診のレベルアップと普及に努めています。

 乳がんを恐れてはいけません。早く見つけて完全に治してやる、そんな積極的な姿勢が大切です。 三重乳がん検診ネットワークが少しでもお役に立てればと願っております。

三重乳がん検診ネットワーク代表
三重大学医学部放射線科     竹田 寛