乳がんの症状って?

乳がんの症状って?

乳がんは、早期に発見することで治る病気です。 自己検診(セルフチェック)が、早期発見の第一歩となります。 30歳になったら、月に1回セルフチェックをしましょう。

どんな時期にセルフチェックをしたらいいの?

40歳以上の女性で特に乳がんにかかりやすいのは以下のような人です。
ひとつでも該当される方は、現在自覚症状がなくても乳がん検診を定期的に受診することをおすすめします。

見てわかること

ご自身でわかる乳がんの主な症状は次のようなものです。
20歳以上の方は月に一度のセルフチェックをかかさずおこない、変化を感じたらすぐに乳腺科を受診しましょう。 セルフチェックをおこなうのは生理が始まって1週間後の乳房のはりや痛みがなくなってやわらかい状態のときがよいでしょう。 閉経後の方は、毎月検診日を決めておこないましょう。

乳房全体を見て
乳首を見て
 

さわってわかること

月に1回はセルフチェック

座って

4本の指をそろえて、指の腹で乳房をやさしく押さえます。 片方ずつ反対側の手でおこないましょう。 腕を上げたり、下げたり、前からさわったり、 乳房を持ち上げたりして調べます。 入浴時、石けんをつけてさわると乳房の凸凹がわかりやすいです。 また入浴後、美肌ケアをかねて化粧水や美容液をつけてさわるのもおすすめです。

横になって

チェックする側の腕の下に枕や座布団を入れ、乳房を平らにします。 乳房を胸の壁におしつけるように、くまなくさわります。

乳がんの症状は体調が悪いとか、食欲がないなどというものではありません。 ご自分で見て、さわって見つけるものです。 まだまだ大丈夫と思わず、あなたも毎月のセルフチェックをはじめましょう。

 

先頭へ戻る